日 時 : 2010年7月25日(日)   開演 13:30
会 場 : 浜松市福祉交流センター ホール
主 催 : 静岡大学OBグリークラブ
後 援 : 浜松市 浜松市文化振興財団 静岡大学 浜松工業会 静岡大学文理・人文学部同窓会 静岡大学教育学部同窓会 静岡大学理学部同窓会 静岡大学農学部同窓会 浜松市合唱連盟 中日新聞東海本社 静岡放送・静岡新聞社

プログラム(PDFファイル) ⇒  program

 


**** 13:00 開場 ****
 

 

 

***** 13:30 開演 ******
松浦氏のナレーションの開始により、記念演奏会は始まった。
■ オープニングに、静岡大学学生歌(われら若人)を歌う。 指揮:平野茂樹

↓ 学生歌「われら若人」の作詞者髙嶋善二氏の紹介。     
     我らが恩師浦山先生のご遺族、浦山真紀子様の紹介。↓

 

■ 第1ステージは、多田武彦作品集から4曲を歌う。 指揮:桑田武志

■ 第2ステージは浜松フラウエンコールの皆さんで、鈴木憲夫作品から4曲歌う。
指揮:守屋もと美

 

■合同演奏として「ほほえみ」。 指揮:日下忠彦

■休憩時間の余興として、即席仕立ての4人のボーカルグループが熱唱。そして歌唱指導も実施。

■ 第3ステージは、男声合唱組曲「山に祈る」。

 

ピアノ伴奏は武藤礼子さん、ナレーションは岡尾智津子さん、指揮は日下忠彦。


■ 第4ステージは、衣装をあらため愛唱曲を歌う。
胸のマークは、昔の団旗に採用されていた4本の音叉を復活させ、グリークラブの団章とする。
4本の音叉は、男声合唱の4っつのパートを示している。

 

↓ 若手指揮者 名取省三氏にバトンタッチ、後を頼むぞ・・・・・・!

ここで突然ナレーターの松浦氏が舞台に現れる。
そして、聴衆席のOBたちの飛び入り出演を観客席に問う。

拍手に迎えっれ聴衆席から平服のOBたちがステージへ上がりはじめる。↓

 

 

舞台のあちこちで、何十年ぶりかの再会に緊張も一気にほぐれる。

 

↓ ここで、OBグリークラブ 菅井俊郎理事長の謝辞あいさつ。

さらに、伊東幸宏 静岡大学学長をご紹介し、舞台での挨拶をお願いする。

 

■ メンバーを補強して、愛唱曲を熱唱する。

********************
■ 最後に、浜松フラウエンコールと一緒にアンコールを歌う。

 

 

 


演奏終了後は、ロビーに出て、ロービーソングを歌う。指揮はは久保田。

 

 

連日の猛暑の中、演奏会を聴きに来て下さった多くの皆さんに感謝いたします。

出演者の皆さん御苦労さまでした。
また、いつか会う日まで・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・!。

【写真撮影】 菅井英彦 望月謙治 竹内正司