第29回夏の終りコンサートに参加 (静岡大学OBグリークラブとVeni Gaudere)

第29回夏の終りコンサートに参加
(静岡大学OBグリークラブとVeni Gaudere)

2018年8月26日、白馬ウイング21文化ホールにで開催された白馬村の「夏の終りコンサート」に、今年もわっぱメンネルコールとして参加しました。東海、関東、関西などから集まったメンバーは、前々日から五竜スキー場脇にある「わっぱ小屋」に泊まり込み、エスカルプラザでみっちりと練習しました。
今年は、日本・リトアニア親善合唱演奏会のために来日したリトアニアのビルニュス大学カウナス校の合唱団Veni Gaudereが夏の終わりコンサートに外国の合唱団として初めて参加しました。前日の白馬ウイング21文化ホールでの練習後白馬村のホームステイ先に分宿して、交流を深めました。

静岡大学OBグリークラブ
演奏曲目: 男声合唱組曲 尾崎喜八の詩から 多田武彦作曲 天井沢
宮城県民謡 竹花秀昭編曲 斎太郎節
指揮: 吉川健一

わっぱメンネルコール

Veni Gaudere
演奏曲目: リトアニアとラトビアの民謡
1. “Saule teka” 「日の出」
2. “Vasara” 「夏が来た」
3. “Ruduo” 「秋の歌」
指揮: Adelė Mikalkėnienė アデーレ ミカルケニェーネ

Veni Gaudere

Veni Gaudereの演奏には、アンケートには第一声から会場の空気が一変しました。とあり素晴らしい演奏でした。

演奏会終了後は、Veni Gaudere、信州大学グリークラブ、静岡大学OBグリークラブがロビーソングを歌い、満天の星パーティでは参加した合唱団と有意義な楽しいひとときを持ちました。

Veni Gaudereわっぱ小屋でのひととき

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA