第19回東京男声合唱フェスティバルに参加

今年も東京男声合唱フェスティバルに参加しました。15回目の参加になります。記念品を頂きました。
前日から江東区夢の島にあるBumBに泊まり込んで練習をしました。
1、日時と場所:11月8日(金) BumBにて宿泊合同練習
11月9日(土) 出演25番目にて14:36より7分間出演
(浜離宮朝日ホール)
2、演奏曲目: 男声合唱組曲「尾崎喜八の詩」より冬野
黒人霊歌より Go down Moses
3、指揮: 吉川健一先生
4、参加者: 30名

 

静岡大学(静岡キャンパス)で学生と「学生歌」を歌いませんか!を開催しました

「静岡大学学生歌のビデ オをつくろう」という企画プロジェクトの学生、岳陵会(文理・人文・人文科学部の同窓会)、静岡大学OBグリークラブが協同して開催しました。
当日は晴れ渡って富士山をよく眺めることが出来ました。
終了後、静岡大学OBグリークラブが調査してまとめた学生歌「われら若人」誕生の経緯を各種資料一式として静岡大学に寄贈しました。

静岡大学学生歌「われら若人」 作詞:髙嶋善二 、作曲:石井 歓

1、日時: 2019年11月1日 11時~14時
・静岡大学学生歌のビデ オの披露(企画プロジェクトの佐々木さん)
・全員で「われら若人」をOBグリーが新しく作ったピアノ伴奏CDに合わせ斉唱
・静大OBグリークラブが「われら若人」を男声4部合唱で歌う
(OBグリークラブ日下さん指揮)
・学生歌誕生の秘話と歌詞、楽譜の変遷等について
(OBグリークラブ広瀬さん)
・静大グリークラブ誕生の経緯とOBグリーの活動について
(OBグリークラブ菅井さん)
・今後の進め方(企画プロジェクトの佐々木さん)
・再度全員で「われら若人」を力強く歌って散会
2、場所:静岡大学静岡キャンバス大学会館ホール
3、参加者: 総勢30名
学生歌作詞者 高嶋善二氏、
岳陵会(文理・人文・人文科学部の同窓会)海野会長他
学生歌ビデオプロジェクトの学生
静岡大学OBグリークラブのメンバー 10名
静岡大学本部事務局

4、「われら若人」関連資料贈呈
終了後、学長控室で寺村副学長、資料館館長山本名誉教授、佐々木君、OBグリークラブ有志が出席して、本部学長控え室にて大学資料室への『われら若人』関連資料贈呈式を行った。

「われら若人」の関係資料の贈呈 左から佐々木、寺村副学長、広瀬,、髙嶋

☆静岡大学学生歌の ビデオは以下の youtube で見ること可能です。

☆静岡大学学生歌の男声合唱版はここでで聴けます。(1番斉唱、2,3番男声合唱)
☆静岡大学学生歌のピアノ伴奏

 

第30回夏の終りコンサートに参加

信州白馬村で開催され恒例の行事になった「夏の終わりコンサート」に「わっぱメンネルコール」として今年も参加しました。「夏の終りコンサート」に参加を続けて7年目。
静岡大学OBグリークラブは静岡大学の男声合唱団の卒業生が結成してから今年で19年。関東・東海・関西で別々に月1~2回練習しています。今回は、関東から15名、東海から10名、関西から5名、四国から1名のメンバーが参加しました。
前々日から五竜スキー場脇にある「わっぱ小屋」に泊まり込み、エスカルプラザでみっちりと練習しました。
1. 日時: 2019年8月25日(日)
2. 場所: 長野県白馬村ウイング21文化ホール
3. 演奏曲目:
ふるさと  詞:不詳、曲:オナーティン、編曲:オリオンコール
組曲「尾崎喜八の詩から」 Ⅳかけす
詞:尾崎喜八、曲:多田武彦
4. 指揮; 吉川健一
5、その他:
全演奏終了後、ロビーコンサートを行い、満天の星パーティに参加しました。
また、今年は、台湾からの高雄医科大学校友合唱団(日本で言うOB合唱団)が夏の終りコンサートに参加するため来日し、前日にエスカルプラザにて合唱交流会を持ちました。

ロビーコンサートの様子

満天の星パーティでの演奏

静岡県の第64回県民合唱祭に参加

私たち静岡大学OBグリークラブは、今年も恒例の赤のTシャツを着て静岡県の県民合唱祭に37名で参加しました。この合唱祭への参加もちょうど10回目となり、毎年確実に参加者の年齢が上がっていますが、シニア合唱団の気持ちの若さと、その気概を感じ取っていただけたかと思います。

〇開催日時   : 令和元年6月16日(日)
〇合唱祭会場 : 三島市民文化会館 大ホール
〇演奏曲目   : 男声合唱組曲「尾崎喜八の詩から」より かけす
宮城県民謡 斎太郎節
〇指   揮   : 桂 功

第18回東京男声合唱フェスティバルに参加

 

第18回東京男声合唱フェスティバルに参加

2018年11月10日(土)浜離宮朝日ホールにて開催された東京男声合唱フェスティバルに参加しました。前日から新木場にあるBumB 東京スポーツ文化館に宿泊しみっちり練習しました。
1, 日時と場所: 11月9日(金)BumBにて宿泊合同練習
11月10日(日)出演21番目にて13:59より7分間出演
2,演奏曲目:  男声合唱組曲「尾崎喜八の詩から」より:
天上沢、かけす(広瀬弘さんのソロ)
3,指揮:    吉川健一先生
4,参加者:         30名
T1 清水、太田、村上、藤井、広瀬、深津、森、森下、大場
T2 坂根、麻妻、岩本、菊池、深田
B1 檜垣、石川、中村、杉田、大原、北嶋、金山、大山
B2 菅井、奥村、小玉、小島、名取、酒井、名波、田中、
母校支部より多数参加いただき深謝します。
今回も吉川先生の熱のこもった練習と団員のそれに応えるべく頑張った結果よい内容の演奏ができたと思います。(聴衆のグリーOBの声など)
合唱連盟での集約結果は事務局より連絡あり(団体一票5点 観客一票1点で集計)
団体投票(出演団体の互選)では59団体中17位
観客投票は残念ながら獲得票なし。総合では45位
一位は インターカッレジ男性合唱団 Voces Veritas が獲得し、来年の招待合唱団に選ばれました。
20位までの結果は下記ウェブに掲載されています。

男フェス 人気投票

フェスティバルに参加後、築地場外市場のお寿司屋で懇親会を行いました。
大場正美